親の命令は絶対だ!

今うちのぼんくらツウィンズ(双子の息子)は東京で働いています。といっても、まだ大学4年なんですがインターンシップということで某ベンチャー企業で住込みでお世話になってます(それも二人とも・・)


昨日は私も東京で仕事でしたので、久しぶりに夕食を一緒に食べることにしました。(要するにたかられました・・)聴くと、その企業で営業をしているらしく、帰りは終電、会社に泊まることも珍しくないらしい。


過保護の母親が聴いたら心配するのでしょうが、本人たちはいたって平気。というよりこれが結構充実しているらしく、日々の業務内容や職場の上司や先輩のことをイキイキと親父に話す様は、よくあるサラリーマンの愚痴、悪口とは真逆で、親ながら“なかなかエー感じやん”と思いました(ひょっとして親バカ?)


尊敬できる人たちに囲まれた職場っていいですよね。プロのビジネスパーソンとなっても、今の気持ちを忘れず、そしてやがて後輩たちから尊敬されるビジネスパーソンとなって欲しいものです。


余談ですが、そのお世話になってる会社に、


「元オニャンコクラブのアイドルの人、メッチャ上品で綺麗やで!」(ホォ~)
「それにエロ可愛い、週刊誌の表紙にもなってる元グラビアアイドルの人もいるで。」(オォオォ~)
「ミス東大の人は隣の席で仕事してる。」(グォォォ~)
「あぁ、それとスタイル抜群のミスワールドの人もいるな・・」(ガガガオ~)


ど、どんな会社や!他にすごい男性社員のことも聴いたような気がしますが忘れてしまいました・・


次回の東京での親子会食会は、必ずそのエロ可愛い美人軍団をお連れすることを絶対条件とし、別れたのでした。息子たちよ!今まで育ててもらった恩を決して忘れるでないゾ!

カテゴリー:日記のブログをもっと読む