お盆にご先祖さまは帰ってくるのか

8月20日
お盆明けましたね。
当社はお盆に一斉休日は取らずフリーバカンス制度(好きな時に休暇を取る制度)なので通常通りの1週間でしたがそれでもチマタは閑散としておりどことなく非日常的な感覚でした。
ワタスは毎年この時期と年末の年2回に溜まった書類を捨てることをナラワシとしており、今年も大量の書類を断舎離しスッキリしました。
ところで皆さんお墓参りには行かれましたか?
ワタスは霊園が混むことを予測してその1週前に済ませておきましが。
そもそもお盆にご先祖さまが帰ってきて暫くこの世に留まられ16日あたりにあの世に戻られるという話は本当なのでしょうか・・
先祖の霊が帰ってきていると思い込む人の想念に、その先祖への様々な感情が入り乱れ、想念波動が共振して現世のヒトタチに変な現象が起こしてしまうことも多いと聞きます(この手の妖しい話はまた改めてドコモポイント
まあ、こんなナラワシがあるからこそ年に一度くらいはご先祖供養も含めて故郷に帰ることができるということもあり、賢人の教えとして今も継続されているのでしょう。
でもしかし。
大事なことはご先祖さまが帰ってこられるからお参りするのではなく、ご先祖の存在に感謝して、お墓の前でなくても、仏壇の前でなくても、敢えてお坊さんを呼ばなくても、心の中で良いので常に手を合わせることではないかと思うわけです。
ご先祖という「お陰様」に感謝する習慣があるヒトは、現世での人間関係、親や友達、上司や部下、妻や恋人、たまたまご縁あったヒトタチにも感謝できるヒトであり、即ち森羅万象に感謝できる体質が備わっていて。
結果「運」とか「ツキ」に恵まれているのではないかと思うわけです。
結果「ツイテルヒト」は「感謝体質」なのではないかと思うわけです。
世間は盆明けで一気に仕事モードに切り替わりますが。
今年の後半戦もグイグイ業績を伸ばしたければ。
夏バテなきよう健康管理にはくれぐれも注意して。
体質改善(感謝体質)に取り組みましょう手(パー)
      妖しい宗教には一切入ってないけど妖しい社長に疑問符のクリックを↓
                 人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む