平均寿命を超えた企業のアンチエイジングとは

4月になりましたね。私の住む街京都でも桜が咲き初めました。
自然はある時は猛威を振るい、人間がいかに無力かを思い知らされますが、一方で四季折々で見せてくれる木々や花々の美しさは人々に感動を与え、心を穏やかにしてくれます。

桃山城桜.JPG

あ、そういえば大事なことを忘れていました。

実はワタシ、2001年4月に独立起業したので3月末で10年が経ちました。

創業当初から現在に至るまで、支えていただいた全ての方々にこの場を借りまして御礼申し上げます。

本当に本当にありがとうございましたもうやだ〜(悲しい顔)

今さらですが日本人の平均寿命は80歳を超えています。

今年で53歳を迎える私は年齢的には終焉めがけて、なだらかに下降曲線を描いていく途上にあります(はい、しっかり現実を受け入れております)

では一般的に会社の寿命とは何年くらいなんでしょうか?

一昔前は30年説が有力でしたが最近のデータでは確実に10年は切ったようです。ということは当社はその平均寿命をいつの間にか超えていたことになります。

会社(法人)と人間を単純比較するわけにはいきませんが、私は企業も一つの生命体という意味では同じだと思っています。

続きは→http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2011&menu_month=04&exptitlename=2011-04

顔晴れ日本!HOLOSグループによる東日本大震災支援プロジェクトhttp://justgiving.jp/c/2101

人気ブログランキングへ

カテゴリー:堀井計の午睡イントロのブログをもっと読む