20年前の記憶

2月12日
すっかり忘れていたのですが。
ワタシは1991年2月1日に保険業界に足を踏み入れました。
そうです。20周年を向かえたということです。
恐らく20年前の今頃は、研修の真っ只中であせあせ(飛び散る汗)
この業界に入るまで営業経験0だったのでかなり不安でかなり貪欲に研修に臨んでいたことでしょう。
当時その保険会社の平均年収は1500万で、ワタシの前職の年収は400万くらいだったと記憶しています。
自分がその平均年収まで到達できるなんて思えませんでした。1000万を超えれれば御の字と思ってました。
因みに当時のニックネームはチャチャイでした・・(タイ人のボクサーの名前)
営業経験も無く歳も32歳と若くおまけにボートピープルで日本語もたどたどしかった?ワタシに出来ることは兎に角休まずにひたすらヒトに会うこと。
未経験と若さのせいかプライドは無く先輩や所長のアドバイスは素直に聞けました。
常に不安と隣り合わせで、その不安を払拭するためにもう1件行ってから帰ろうとスグに家に帰らず動き続けました。
その後チャチャイは営業所長になり支社長になり独立して今に至ります。
お陰様で当時不安に駆られた行動が幸か不幸か今では習慣となり、あまり休むことなく仕事をし続け、気が付けば20年経っていたという感じです。
費やした時間、即ち行動量は自分を裏切らないものですね。
52歳。
20年という保険人生が長いか短いかわかりませんが、ワタシを育ててくれたこの業界への恩返しをする年齢となりました。
新人保険営業パーソンから代理店経営者に至るまで。
望まれればワタシが今まで歩んできた経験値とこれから歩むプロセスを惜しみなくはき出してはき出して。
この業界に入って良かったと思ってくれるヒトを一人でも多く輩出したいものです。
皆さんチャチャイはもう少し傍楽きMAXりますのでヨロスクッス手(パー)

           長友よりチャチャイチオノイに似ていると思うヒトは↓
                 人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む