お盆ならではの面談

8月11日
世間ではお盆間近ということで。
どことなくいつもの平日と雰囲気が違うと思うのはワタシだけでしょうか?
今日は普段の仕事ではあまり会わないお客さま兼友人三名との面談がありました。
朝からは、独立する前に役員をしていたマーケティング会社の元部下のA君が来社。
ワタシと同じ?(ウソ)京都大学出身で。
その後その会社を退社し、ベンチャーキャピタルに転職し、最近コンサル業を起業したばかり。
「おお、A野、久しぶりやの~。ちゃんと飯食えてんのか?何やったらうちで時給350円くらいで働かせたってもえ~で~」
「それやったらマックでバイトしますよ~。一応今メインは800社の中小企業を束ねる社団法人の事務局長を引き受けてます」

「ほお~、なんとかやっていけるもんやの~。よかったやんけ」

二人目は、大学時代の自転車競技部のダチのSックン。
彼は1年生でインカレ優勝し、競輪選手になるかと思いきや、サラリーマンになったは良いが予想通り社会的常識の欠如で早々にドロップアウトし、その後独立し、今では手広く事業を展開しています。
「お前仕事ばっかりやの~。俺みたいにビル買ってチョコチョコっと稼いで好きなことせいよ~」
「そやの~・・」
「まぁ、何かあったら俺が何とかしたるさかいな」

三人目は、高校時代のツレで野球部のエースだったTヤン。
彼もまた大阪で宝石店を営む経営者です。
「お前は調子良さそうでえ~の~。うちなんか売上減ってもうて暫く給料とってへんわ。宝石なんか無かっても誰も困らんからな」
「そやけど身に着けて貰うことで心に潤いを与える価値とかもあるやないか」

何て適当ながら励まされたり励ましたりで。
永く付き合いのあるのはやはり経営者になるのですが。
それぞれに過ごした時代は違えども、今でもお互いに気にしながらちょっと緩んだタイミングで会っては情報交換できる関係って良いな~っと。
若かりし頃は、対抗意識なんかもそれなりにあって「俺も負けへんぞ」って気持ちがモチベーションだったりもしましたが。
やっとこの歳になって親しき仲間の活躍や成功を心より喜べるようになりましたよ。
お陰さまでもうすぐお盆で帰ってくるご先祖さまに「成長」の報告をさせていただくことができました。
(本当は自分が没落した時に助けて貰うためとは黙っておこう・・)

お盆に休んでもすることがない一人ぼっち社長に愛のクリックを↓
            人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む