今日本で一番聞く耳を持つリーダー(岡田監督)からのメッセージ

6月30日
いや~、それにしても昨日の試合惜しかったですね~。
でも選手たちはもとより監督初めコーチ、スタッフなどにねぎらいと賞賛の拍手が鳴り止みませんね。
ワタシは小学生から中学生まではサッカー部でしたが基本ワールドカップだけの俄かサッカーファンなので少々トンチンカンかもしれませんが。
兎角チームビルディングに直接関わらず、外から評価する立場のヒトタチ(マスコミやギャラリー)は結果を後付で分析します。
よって本戦が始まるまでは概ねコメンテーターもサポーターもボロカスでしたがバッド(下向き矢印)
でも結果(勝利)が変われば評価は一変グッド(上向き矢印)
岡田監督の采配ぶりは大いに評価されていますね。
スポーツも経営も共通するのは常に結果を求められるということ。
結果を出すまでのプロセスまでは余程近いヒトタチの中でしか評価されません。
常にリーダーはメンバーの思考や行動に関心を寄せながらプロセスも評価してあげつつ。
常にリーダー自身は結果でしか評価されないということを肝に銘じようパンチ
ところで。
今恐らく日本でも最も説得力あるリーダーである岡田監督が語る。
「日本代表監督の仕事とは」
日本を背負って立つ全てのリーダー必見ですゾ→http://bizmakoto.jp/makoto/articles/0912/14/news010.html
   
        ケツ割サッカー小僧に愛のクリックを↓
            人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む