性格病理学的花粉症の治し方

4月24日
全世界の花粉症に悩むミナサンたらーっ(汗)
今年のピークは過ぎ去ったのでしょうか?
実はワタシも花粉症だったのですが。
今年は全く症状が現れず。
いつシーズンが到来したのかもわかりませんでした。
かつてはかなりひどかった時期もあったのですが近年は朝にくしゃみを10連発後鼻水が出るのを市販の点鼻薬で対応可能な程度で。
今年はそれも無し手(チョキ)
これを「性格病理学的」に分析すると。
すべての出発点はストレスで心の問題と密接に関わっていて。
ストレスがたまって→疲れを生じ→コリや張り、痛みになり→病気になる。
ということは、症状によって「共通する性格」があると。
で、花粉症になるヒトの共通点は。
「完璧主義ちっ(怒った顔)だそうです。
20年間花粉症に苦しんできたヒトが仕事でもあまり必死にならず力を抜いてリラックスした活き方に変えることで症状が軽減する症例も多いらしい。
(むしろ仕事でもそのほうが生産性が上がることが多いですよね)

ワタシの場合元々完璧主義ではないと思っているのですが。
(どうでしょうかミナサン)

最近年齢とともに更にエー加減な性格が促進されてきたことで。
花粉症が完治したのかもしれません。
ノーストレスの活き方を実践して病気が治るのは大歓迎ですが。
そのせいでワタシの周りのヒトが大きなストレスを抱えてしまっているとしたら。
申し訳ないですが。
辛抱してください手(パー)(気にしないのではなく気にならないのが理想です)
全員不完全主義の組織も少し怖いものがありますが。
不完全でも成果を発揮できるポテンシャルを身につければいいんじゃないですかね。(この考えそのものが不完全主義・・)

世の完璧主義の花粉症ミナサン。
特にヒトに対して完璧主義花粉症のミナサン。
(要するにヒトが自分の思い通りならないことでストレスを抱えてしまうミナサン)

治りたければ責めずに動かすマネジメントスキルをマスターすることをお勧めします手(パー)→http://www.holos-brains.jp/profile.htm
      太りやすいヒトの特徴を知りたいヒト↓
            人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む