21世紀を生きる君たちへ(午睡更新)

12月5日
いよいよ2009年も残すところあとわずか。
もう1ヶ月を切りました。
巷では民主党政権の予算削減の目玉である「事業仕分け」に触発され、民間企業でも事業仕分けが1つのブームになっています。
もちろん大事なことですが本来は期首に立てた事業計画を四半期や月次、週次でしっかり仕分け(マネジメント)できていればメディアで注目されるようなドラスティックな事態にはならないはずですよね。
当社も敢えて行う事業仕分けなど必要の無いオペレーションを心がけたいものです。
来年の話は鬼が笑うかもしれませんが。
「坂本竜馬」が一大ブームになりそうですね。
当社も竜馬ゆかりの地、京都が本社で長崎オフィスは亀山社中のすぐ近く。
なぜかそれだけでモチベーションが上がりますグッド(上向き矢印)
ところで。
この坂本竜馬という時代の傑物を世に送り出した立役者はやはり司馬遼太郎さんでしょう。
書く言う私もシバリョウ作品で竜馬を知り、感銘を受けた一人です。
そしてその後著作を読み漁りました。(NHKの「坂の上の雲」も愉しみでするんるん
その中で最近まで知らなかったのですが20年以上前に小学6年生の教科書用に書かれたエッセイがあります。
~21世紀に生きる君たちへ~
以下に抜粋して内容を紹介しますと↓
http://www.holos.jp/index.php?page=lifecolumn_list&menu_year=2009&menu_month=12&exptitlename=2009-12
              人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む