昭和33年の出来事

7月26日
久しぶりのブログ。
平常心を亡くしてしまいそうになる日々が続いており・・・
更新ができませんでした手(パー)
ふと気づけばなんと明日は27日がく〜(落胆した顔)
そう。
明日は私の誕生日です。
49歳。
始終臭い(しじゅうくさい)完璧なおっさんふらふら
こうなれば開き直って加齢臭をブンブンふりまくしかありません。
よくオーラを放って近寄りがたいヒトは尊敬されますが、加齢臭を放って近寄りがたいヒトは当然嫌われます。
私的にはどちらも目指さず、ひたすら自然体で近寄りやすいヒトでい続けたいと思います。
それはそうと49歳といえば昭和33年生まれ。
実はこの年、日本史上記念すべき事象が三つあります。
(みなさん一つでもわかりますか?)
まず一つは?
(ヒント:プロスポーツ界のカリスマデビューの年)


              1588327.jpg
そうです。
ミスタープロ野球、長島茂雄氏がデビューした年。
いわゆるぅ、ひとつの~、パァーときてガーンと打つヒトは私がまれた年に歴史的デビューを果たしたのでした。
48年間、プロ野球というジャンルを超え、今でもヒーローとして存在感を放ち続けるイワユル、マサに真のカマスリ、いやカリスマですね~。
二つ目。最近メディアで再注目の日本一。
          image66.jpg
そうです。
日本一高いタテモノ東京タワーが創られた年。
戦後復興。高度経済成長。日本が経済においてその成長ぶりを世界にアピールしたシンボル。
最近では小説や映画でも古き良き時代のシンボルとして脚光を浴びています。
東京出張時、たまに見かけますが、その存在感はいつ見ても新鮮です。48年前、建った当時に見たヒトタチはさぞかしカレに勇気づけられたのではないでしょうか。
さして三つ目。
これはかなり難題です。多分当たるヒトはいないでしょう。
ある重要な制度が法律で廃止された年。
               DSC_139711.jpg
               揚屋の「角屋」(国指定の重要文化財)
わかりますか?
赤線です。
赤線の元は、天正17年(1579)、豊臣秀吉の公許を得て京都の島原で始まったといわれています。(いわゆる遊郭)
ここは、花街としての格式は高く歴史上の要人たちも多く出入りし、新撰組の壬生の屯所から近かったため、「新撰組」も御用達だったとか。
戦後は、他の遊廓街と同様に赤線地帯となり昭和33年、売春防止法施行で廃止となりました。
それから48年。
女性の社会進出は凄まじく、営業でも経営でも男女での判断はナンセンス。能力の高さや個性が判断基準になりました。
自分にとって価値ある生まれ年。
自分らしい活き方で4つめの歴史に残る昭和33年にしよう。
だって一度の人生ですもの (じゃないような気もしますが・・)
あかん、もうすぐ49歳やぁ~バースデー
              

カテゴリー:日記のブログをもっと読む