京の酵素浴。ディープタウンにある全国からガン罹患者が訪れるパワースポット
京の酵素浴。ディープタウンにある全国からガン罹患者が訪れるパワースポット

京のディープタウン

知る人ぞ知る京のディープタウンと言えば河原町七条辺りから五条界隈。

ずっと京都に住んでいてもなかなか足を踏み入れることは無かったのですが、最近あるきっかけで頻繁に足を踏み入れるようになりました(後述します)。すると・・・

ここ最近は再開発が進んでいて、お洒落なカフェやホテルが其処此処(そこここ)にオープンしていたりして、散策すると面白い街になってたのですよ。

ここは高瀬川沿いにあるカフェ。丁寧に1杯ずつ煎れてくれます。オープンカフェ的に高瀬川を眺めながら、軒下でも飲めるようになっています。

こちらは登録有形文化財に指定されている、かつては市電の倉庫だった建物をリノベしたカフェ。茶筒で有名な開化堂さんが経営されています→https://www.kaikado-cafe.jp/

これは、なんと日本が世界に誇る任天堂の旧本社。そこが丸福楼というホテルになっていました。

1889年より歴史を刻んできた任天堂。その創業地にあたる京都・鍵屋町の任天堂旧本社社屋は、任天堂の前身である山内任天堂時代に花札などの製造・販売や、創業者山内家が居住する場所として利用された歴史的建造物。

恥ずかしながら、ここが旧本社であることも知らなかったし、ホテルになっていたことも知りませんでした→https://marufukuro.com/

機会があれば一度泊まってみたい 任天路地。なぜか路地の上が駐車スペースに・・・

河原町七条角にあるカフェ併設のレコードショップ、ボサノバをGETの図→https://llamalabo.shop-pro.jp/

高瀬川沿いを五条通り方向に歩くと現れるサウナの梅湯。明治創業の銭湯を若者たちが引継ぎ・リニューアルしたことで有名です。

ということで。

京都観光に来て嵐山や清水寺等、超有名な観光名所に少し物足りなくなった方は崇仁地区(すうじんちく)といわれた?京のディープタウン、河原町七条界隈を散策してみるのも一考かもしれません→https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B4%87%E4%BB%81_(%E4%BA%AC%E9%83%BD%E5%B8%82)

京の酵素浴

ところで、最近なぜこの界隈に頻繁に出没するようになったかというと・・・「京の酵素浴」に通っているからです。

それはなんじゃらほいと思われた方に説明すると。

全国、いや世界からガン罹患者が湯治に訪れるという、知る人ぞ知るがん罹患者のディープパワースポットなんです。実はワタシも2年程前にある方から教えてもらい知っていたのですが、その時はやることが多すぎて気になりながらもスルーしていたのです。

それがここ最近ワタシの健康の師匠も通っていることがわかったり、やたらにここのパワーの凄まじさを聞くようになり、行ってみることにしたのですが・・・

これが体感的にかなり良いのですよ。

火を使わず「自然発酵の熱」だけで浴槽のおがくずが60度くらいになるとのことで、この中に15分間入るのですが、とにかく気持ちよく、入って5分程で身体から汗が吹き出します。

ガン細胞は42度以上で死滅するともいわれていたり、ヒートショックプロテイン(HSP)という極熱(もしくは極寒)状態に身を置くことで傷んだ細胞を修復する働きを持つタンパク質が生まれ、免疫細胞の働きを強化してくれたりするといわれています。

これだけ聞くと、巷にある酵素風呂と同じではないかと思うのですが、恐らくここはそれだけでは説明しきれないパワーを秘めていると思われます。

なぜなら・・・この先生(先生と呼ばれている)の迫力が半端ないからです(笑)

「どうしたんや?がんか?」

「はい」

「どこや?」

「肺です。ステージⅣです」

「なんや、末期か。心配すんな。ここに来る人は9割がんや。そやけどみんな元気や。下手に手術や抗がん剤やってる奴は死によるけどうちに来てるもんは皆元気や。通ったらええ」

てな感じ・・・

84歳の先生は、毎日ヨモギの葉っぱを汗だくになりながらザクザクと切り刻まれていて、色んな薬草など極秘レシピがブレンドされているような気がします。

来られている方々との会話を盗み聞きしていると、名古屋から毎日新幹線で通われていて完全にガンが消滅した方や海外からやってきて暫くホテルに滞在されながらまさに湯治をされている方等ここで命を救われた方々の話しが飛び交っているのです。この地で40年以上?たくさんの命を救ってこられた自信が漲っているのでしょう。

著名な経営者や芸能人も結構お忍びで通っているようで、この前「〇〇さんが来てましたよ」とか「今の人は〇〇の社長や」とか聞いてびっくりすることもあります。

今日は初めて一番風呂(9時開店)に入らせていただきましたが、あまりの熱さにがん死の前に熱死するかと思いました(笑)

様々な方がブログに書かれています→https://openmatome.net/matome/view.php?q=14946834036670

とにかく。

自分の身体を治すのは自分の細胞しかないのですから、食(野菜や玄米等植物の力)や水や光や空気や熱など、「自然の力」をお借りしながら免疫力を高め、細胞環境を健全化していくことで、がんさんにはなんとか成仏していただきたいものです。

保険の相談は将来設計士によるオンライン相談で全国から承っております→https://www.holos.jp/2020/05/15/online-service/


その将来設計士という職業にご興味あるかたはこちらから→https://www.holos.jp/recruit/

ホロスグループでの求人はこちらから→https://www.holos-hd.jp/recruit/

IT導入補助金も活用できる顧客情報管理システムにご興味ある代理店の方はこちらから→https://hoken-system.com/

ホロスグループ独自のビジネスモデル「土地バンクリース」事業にご興味のある方はこちらから→https://www.jpd-simizu.co.jp/

HPH220905-001-01

カテゴリー:堀井計の午睡イントロのブログをもっと読む