スーパークールビズを超えるビズとは

6月5日
今週6月1日より始まったのが「スーパークールビズ」
元々は環境省が温室効果ガス削減のため、平成17年の夏より冷房時の室温を28℃にしてもオフィスで快適に過ごせる「クールビズ(COOL BIZ)」を提唱したのが始まりですが。
今年は東日本大震災を受けた節電の必要性を踏まえ、「スーパークールビズ」と称してより一層の軽装や暑さをしのぐ工夫などの普及啓発をさらに強化したものです。
実は。
当社では5年前から「ビズ」というビジネススタイルを独自に「ユーモアビズ」と称し。
夏はクールビズ、冬はウォームビズは当たり前、年がら年中笑いに溢れた(コスチューム限定ではなく)職場環境を推奨してきました。
当時のブログ→http://kei-horii.seesaa.net/article/18236624.html
                 060524_094827.jpg
間違いなくこのメッセージの発信が日頃の会話や会議やカンファレンスのプレゼンや、最近では体育会カラオケ部などの部活動など、企業文化を醸成してきたと思うわけで。
                  no4.jpg
    ユニフォームまで揃えて保険会社社員をも巻込んで踊りまくる部員たち・・
恐らくその結果が近年の業績好調の要因の一つでもあるとも思うわけですグッド(上向き矢印)
そして今夏は東北大震災の影響も有りより一層の節電への意識と対策から従来に「スーパー」と冠して更なる薄着を環境庁が奨励したわけですから。
当社も「スーパー」を冠しない訳にはいきません(別に訳にいかんわけではないんちゃん?)
よってその名も「スーパーユーモアビズパンチ
これは薄着もさることながら(場合によっては男はTシャツ短パン雪駄の昔某研修会社社長の山下清スタイル復活も有りかと・・女はビキニとかシュミーズ姿(死語?)でも嬉しいかも・・)
3月以降の日本の沈滞ムードを日々の職場環境からスーパー元気にしていくことが復興支援であり、とある1か所の笑いの渦が共振し、全国に伝播し、やがて世界が笑いに包まれていくというまさに「北京の蝶」的(バタフライ効果→通常なら無視できると思われるような極めて小さな差がやがては無視できない大きな差となる現象のこと。「北京で蝶が羽ばたくとニューヨークで嵐が起こる、やアマゾンを舞う1匹の蝶の羽ばたきが遠く離れたシカゴに大雨を降らせる」という表現で使われる)一大プロジェクトでもあるわけです(どうせほとんど思いつきやろちっ(怒った顔)

ということで。
当社は明日から「スーパーユーモアビス」に突入しますのでミンナよろしくね手(パー)
あ、これは社長としての指示じゃなく「笑エネ推進プロジェクトリーダー」からのお願いでするんるん
       全日本南方系ルックス選手権優勝候補筆頭社長に応援のクリックを↓
               人気ブログランキングへ

カテゴリー:日記のブログをもっと読む