大ブレイク直前の芸人とは?

ここ京都では、丁度今しがた大文字に火が灯りました。


これで迷わずご先祖さまたちも、あの世に戻られることでしょう。今日は、流石に世間ではお盆休みのせいか、人の出入りも少なく、落ち着いて仕事ができました。


そんな中、久々に友人(といっても十数歳年下ですが・・)の落語家、桂春菜君が尋ねてきました。


P1000026.JPG
http://www.katsura-haruna.com/ 

 

関西では、知る人ぞ知る、超売れっ子落語家だった桂春蝶さん(故人)の息子さんです。

syuncyo.jpg
やっぱ似てますね・・

彼とは、出会ってから10年近くになります。当時から桂春団治一門の若手落語家として、水面下で わーい(嬉しい顔)活躍しており、私がスポンサーをしていたラジオ番組のゲストとして出演してもらったのが付き合いの始まりです。その時から、私は彼を落語の師匠とし、彼は私を人生の?師匠とし、住んでる世界は違えど、なんとなくお互いに認め合う関係が続いています。

そういえば、私が独立して間もない頃、スマコロジーと称して(スマイル+
サイコロジーの造語)、落語と心理学をコラボしたセミナーを企画し、結構
人気を博したこともありました(http://www.katsura-haruna.com/work/smcology.html)

いつも会ったときには、

「仕事の調子どう?ブレイクしそうか?収入は上がってる?」

と問いかけます。すると、今日はなんと、

「お陰様で、専属のマネージャーがついてくれるようになりました。プロダクションの落語家の中では、鶴○師匠と僕だけです。」

「へぇ~、すごいやん。」

と、僕。松○芸能の期待度が伺えます。

「収入も年々、着実に増えてます。」

「ほぉ~、いいねぇ~。やっぱり腕があがってきたんやな。」

「いや~、それが全然実感ないんですね~。」

「ほな、なんでや?」

「それが思い当たることと言えば、あれしかないんですよね・・・」

「あれってなんやねん?」


「昔、堀井さんから教えてもろたトイレ掃除ですやん。お金が欲しかったら
どこでも便器汚れてたら磨いてから出ろって言わはりましたやろ。それやりだしてからですわ。毎年確実に収入上がりだしたん。
それしか考えられへんのですわ。」

「それ、ずーっと続けてたんか?」

「はぁ・・」

確か7~8年前に言ったような記憶が・・

「もう習慣になってしもて、どこでも入ったトイレ汚れてたら綺麗にせんと気ーすまんようになってますねん。」

始めて2年目くらいから、着実に収入がアップし、今ではテレビ、ラジオのレギュラーも5本を抱えているというではありませんか。因みに私はヒトに言う割りに実行力に乏しく、収入については好結果をうんでおりませんもうやだ〜(悲しい顔)

皆さん、これは実話です。

金運と仕事運を上げる秘訣「トイレ掃除」トイレ

こらどうやらホンマモンでっせ!

信じるヒトは是非一度お試しあれ。

「ほな、それってよー考えたら俺のお陰やん!」


「・・・」

と、思い切り恩に着せ、無理やりツカミのネタを伝授させたのであります。
いつか披露する日のために練習しーよおっとわーい(嬉しい顔)

haruna.jpg

カテゴリー:日記のブログをもっと読む